スポンサーリンク

【生命保険の基本型】まずはこれを知るべきです!

概要

生命保険は、死亡保障と生存保障の組み合わせによって、次の3つの保険に分けることができます。

その3つとは、定期保険養老保険終身保険です。

どの保険もメリットデメリットがあり、人それぞれがどういう目的で保険に加入するかによって、その保険がその人にとって合っているのか否かということが決まります。

3つの保険のイメージは次の図のようになります。

 

定期保険

定期保険とは、一定期間の死亡を保障する保険です。

メリットとしては、一定期間安い保険料で大きな死亡保障を確保することが可能です。

一方、デメリットとしては最終的に死亡保障が切れてしまうことと、貯蓄性がなく、基本的に掛け捨てであることです。

この保険は、例えば子供が生まれて一定期間死亡保障を増額したいときや、万が一死亡した場合に遺族に借入金を残したくないようなときの保険として適しています。

養老保険

養老保険とは、一定期間の死亡保障を確保するとともに、死亡事故が発生しない場合であっても保険期間満了時に死亡保障と同額の満期保険金を受け取ることができる保険です。

メリットとしては、貯蓄性があり、万が一死亡しない場合であっても死亡保障と同額の満期保険金を受け取ることができることです。

一方、デメリットとしては3つの保険の中で保険料が最も高いこと、また死亡保障が最終的に切れてしまうことです。

この保険は、死亡保障とともに将来の老後資金や教育資金として、お金を準備したいときの保険として適しています。

終身保険

終身保険とは、一生涯の切れない死亡保障を確保することができる保険です。

メリットとしては、貯蓄性があり、一生涯の切れない死亡保障が確保できることです。

一方、デメリットとしては3つの保険の中で養老保険の次に保険料が高いことです。

この保険は、死亡保障が切れない点で相続対策としては最も適した保険であると言え、またお葬式代を準備したい場合や、老後資金や教育資金として将来のお金を準備したいときの場合に適しています。