全体像

全体像

生命保険の契約者を名義変更した場合の税務

まずはじめに 生命保険を名義変更した場合にはどのような取り扱いになるでしょうか? ここで名義変更と言っているのは、保険料負担者である契約者が変更されることを前提にしています。 実は法人と個人とでは取り扱いが異なります。 ...
2019.02.14
全体像

満期保険金を受け取った場合の税務

満期保険金を受け取った場合の税務 養老保険のように満期が到来して満期保険金を一時金で受け取った場合には、どのような課税関係になるでしょうか? 満期保険金を一時金で受け取った場合には、契約形態によって所得税がかかるときと、贈与税が...
2019.02.14
全体像

死亡保険金を年金で受け取った場合の税務☆

概要 死亡保険金については、契約者・被保険者・死亡保険金受取人の関係で、相続税の課税対象となるとき、所得税の課税対象になるとき、贈与税の課税対象となるときがあります。 但し、これは死亡保険金を一時金で受け取った場合です。 一方...
2019.02.11
全体像

死亡保険金を受け取っても申告不要のときとは?

概要 死亡保険金については契約者、被保険者、死亡保険金受取人の三者の関係で、相続税課税の対象となるとき、所得税課税の対象となるとき、贈与税課税の対象となるときの3つのケースがあります。 詳細は次の内容をご覧下さい。 実...
2019.02.11
全体像

死亡保険金の課税関係(全体像)

契約形態で異なる課税関係 被保険者が亡くなって、死亡保険金受取人が死亡保険金を受け取ったときは、契約形態によって相続税、所得税、贈与税ががかります。 ポイントは、契約者(保険料負担者)、被保険者、死亡保険金受取人の三者の関係でみるこ...
2019.02.11
全体像

保険税務の全体像(個人)

概要 生命保険は人にかける保険で、亡くなったり、病気になったりしたときに保険金や給付金を受け取ることができるものです。 生命保険の税務を考えた場合、入口の税金と出口の税金の2つに分けることができます。 生命保険は契約してか...
2019.02.11